フィードバック(ゴルファーの声です)






成田市 女性主婦

ゴルフ年齢ただいま4歳!

50歳を目前に、自転車も乗れない運動神経0、今まで運動したことのない私が、お医者様に「生活習慣病が…運動をしなさい!」と言われ、とりあえず歩いてはみたものの3日と続かず…。そんな時「ゴルフ始めない?良いコーチがいるのよ」とお誘いが。「もしかしたら止まっているボールなら当たるかも?楽しみながら、歩ければ運動になるし!」容易な発想と、「年間契約で好きな時好きなだけ」のうたい文句に、前払いなら「三日坊主の私でも続くかも知れない!」と、早速契約!
『とりあえず、人様に迷惑をかけずにラウンド出来るようになりたい』と目標を立てレッスンを開始。2、3回目のレッスンで、早くも『1人でも練習場で練習出来るようにして下さい!』と目標変更。コーチから自主練許可が出るとナガミネゴルフセンターの緑に囲まれ広々とした空間に、自分1人の時間。そして、たまに出るナイスショット!親の介護のため、仕事を辞め家に籠っていた私は、気付かない間にストレスが溜まっていたのであろう。すっかり癒しの時間となり、ゴルフにはまってしまった。
コーチのレッスンはティーチング少々の後のほとんどがコーチング。常に問いかけがあった。「クラブはどこにあったか?フェイスの向きは?」運動をしたことの無い私は、何んの問いかけにも応えられず、それでもコーチは「必ず感じ取れるようになるから!」と、根気強く付き合って下さった。
メンタルに面でのコーチングは、忘れ去っていた幼い頃の記憶に、自分のバックボーンやトラウマに気付くことが出来、人生やゴルフの道しるべとなった。
あっという間の1年間。なんとかラウンドは出来るようになったものの練習場で出るナイスショットもラウンドでは出ない。それでもゴルフが楽しくて、「1年でこれだけ打てたら凄いよ。きっと上手くなるよ」と知人から言われたことも嬉しくて、年度更新。

1歳…無謀にも『3年で100を切る!』と新たな目標を。と言うより夢であった。練習場では、自分でも驚くほどのショットが出たり、まったく当たらない日があったり…何が起きているのやら。ラウンドではドライバーはナイスショットが出るのにウッドはゴロゴロと。「ウッド封印してアイアンで回ろうかな…」、と落ち込んでいる私に「ゴルフ始めて何年?まだゴルフ年齢1歳でしょ。やっと1人で立って、よちよち歩きを始める頃だよ。使い続ければきっと打てるようになるから。」と励まされ、なんと今では一番好きなクラブになっている。

2歳…「何かが違う」と感じられるようになったが、まだ分からない。それでもベストスコアは108。これなら3歳で100切れるかも⁈

3歳…「何か分かる気がする!」故に自分自身に過剰な、評価・判断・命令の嵐!(この辺にトラウマやバックボーンが…)。100切り目前なるも『3年で100を切る』の期限にとらわれ、達成ならず…。

4歳…3年という期限からの解放と『自分のゴルフスタイル(穏やか・平常心)でラウンドする!』をコーチングの問いかけから再認識。そのことから目標を立てなおすと、驚くようにラウンドのたびにスコアを更新。ゴルフ年齢ただいま4歳。ベストスコア93。ハーフ44。技術的にはまだまだだが、ミスを引きずることもなくなった。コーチの問いかけにも応えられる自分がいる。自分が何を考え、どのような精神状態の時に良いゴルフが出来るか分かってきたような気がする。また、この《ゴルフ年齢》と言うコーチの言葉は、自分で自分の成長を見守るようで、落ち込んだり悩んだりするたびに「今はこの時期なんだ!」と、気持ちが楽になり頑張れる、私にとっては魔法の言葉になっている。今後は『ベストスコア90切り』を目標に、状況判断とそこで使える技術を身につけることが課題。コーチこれからもよろしくお願いいたします!

成田市 女性(コーチング一年後)

今、何をするにも新鮮な気持ちでいられるのは、この一年間、ゴルフというスポーツを通して一瞬一瞬を大切に過ごせるよう、コーチしてくれたおかげです。

ゴルフを知らなかった今までの私は、どんなことにでも、過去の経験値を上書きすることで、新しい発見やその興奮を自ら潰していました。身体の動きを言葉に置き換えることで、気づきを無意味なものとして捨てていました。感動に鈍くなり、ただ時は矢のように過ぎ去り、残るものは現実と憔悴感でした。

 

この一年間、レッスンで何も強制されなかった。でも最初から、はっきりとそして何度も言われたこと。

 

情報を集めない・頭で考えない・点で見ない。

 

こだわりを捨てる・一日で成せる事には限りがあり、「足るを知る」こと。

 

そして、自分の体に聞いてみる。

 

体は正直。スイングは教えられてもできるようにはならない。気持ち良い動きが目的と連動し結果をもたらす感動を一度覚えてしまったら、この先ずっと楽しい人生が約束されています。ゴルフと共に歩く人生が。

 

ノリさん、今年もよろしくお願いします。契約更新ありがとう。


成田市 女性 (コーチング6ヶ月目)

 

いつも身近にゴルファーがいましたが、印象はあまり良いとは言えず、金と時間のかかる、男性向けスポーツといった印象。女性で、しかも左利きの私には興味の対象外でした。スポーツ全般を嗜む私に今更ゴルフはない選択でした。それがなぜ?こればかりは、どれだけ自分に問いても答えが見つかりません。始まりはただ「ゴルフがしたい」と突然口からでた言葉から。

 

半年前の私は様々なことに折り合いがつかず精神的にかなりつらい状態。 “プレーでひととなりがわかる“のなら、見てみたいと思ったのです。自分のことを。何を求めているのかを。わたしがこれからどうしたいのかを。

 

クラブセット選択までは、あれこれ話をしながら、私の身体能力の確認をしていただいたようです。その間7Iばかりを触っていたのでいざセットが届いてもそのどれもが他人のようなよそよそしさだったことを思い出します。他で打てない・仲良くなれない気持ちのまま大人のわがままから勝手にコースに出て地獄に落ちました。練習量が増え、スイングのことを考えて夜も眠れず、出張で一週間練習から強制的に離されるまで、ゴルフが新たに加わった私のストレスとなっていることに気がつきませんでした。

 

ノリさんは一度も「今日は何をしましょう」と言いませんでした。

でも、回を追うごとに解は明確になってきました。言葉を使わない・名詞を消す・箇条書きで思考をまとめない・感覚を言葉に変えない…仕事に必要な能力が自己感覚を麻痺させ心に制約を加えていたなんて。こまかい一言が次第にひとつのフレーズに。Commitment & Feedback-自分と約束・自分で確認の繰り返し。

 

 

半年がたち、練習の8割をフィールドで2割出すことの難しさと楽しさを体感しています。フィールドの清々しさが自分に秘められた力を引き出し、予想もしない展開に包まれる。セット・アドレス・ヒット。すべてが前心・通心・残心と続く循環。まだまだ学びは続きますが、ここがあなたのスタート地点だよと確固とした碇(いかり)を示してくれたコーチングが私の気持ちを常にあるべき位置へ導いてくれます。

ジュニアゴルファーのお母さんからのフィードバック

 

運動神経が良いわけでもない。集中力に欠ける息子。そんな息子がこれ程強い信念を持ってゴルフに臨むとは想像もしていなかったし正直驚きを感じています。コーチのノリさんと出会って1年と10ヶ月。以前のスクールでも、楽しくレッスンを受けていました。
しかし、コーチのノリさんと始めてあったとき会話の中で「プロゴルファーになりたい!」「僕は他の人より球が飛ばないので飛ぶようになりたい!」と話した息子。
 
その言葉を聞いた時、本人が思う『こういう風になりたい』という気持ちを表に出す機会が今までのレッスンでは無かったんだと初めて気付かされた瞬間を今でもはっきりと覚えています。
 
ゴルフは無論、ゴルフ以外の事でも相談相手になってくれたり、自分の想いに真剣に耳を傾けてくれるコーチのノリさん。夢の実現には何が必要なのか。何故必要なのか。だから今は何をする必要があるのか…と子供にも分かりやすく説いてくれる。そんなコーチのノリさんに息子は戸惑いもなく信頼するのに時間はかからなかった様です。
コーチを受けるとその時々の自分の目標が明らかになり、その先にある大きな目的がぶれる事なく膨らみ続ける。今、自分は何のために何をしなければならないのか等、コーチのノリさんに出会ってから養われて来たゴルフに対する意識の高まりが息子の現在の日々のトレーニングにつながっているのだと側に居てそう感じます。
本当に息子の場合は1歩1歩時間はかかる。前へ進んだかと思えば3歩下がってしまう時もある。がむしゃらに動いては立ち止まってしまう時もある。しかし、何かに気付きまた前に向かって歩き始める。
 
こんな事を繰り返しているにもかかわらずいつもと変わりなく焦る事なく寄り添ってくれるコーチのノリさん。いくつもの壁にぶつかりながらゴルフだけでなくコーチのノリさんの広い心を持って『人』を育ててもらっているそんな感じがしています。
 
成長段階にある子供一人一人に合わせてゴルフは勿論ですが生きて行く上で大切な何かを与えてくれる、それがコーチのノリさんのジュニアゴルフのコーチングだと私は思っています。(ジュニアですが指導の一例をご覧いただけます。)

成田市在住 卒業生

 

 私にとって鈴木コーチの指導は単なる技術指導ではなく、本人の気付きを大切にしてくれるものでした。技術面ももちろんですが、メンタル面でもかなり成長しました。何があっても平気というスタンスで今はやれています。毎年10個目標を立ててコーチに報告するんです。良い時も悪い時も、スコアも全部報告します。それに対するコーチの一言ですぐに問題が解決するので、悩まずにゴルフが来ました。コーチに出会えてゴルフ人生が変わりました!自分の良さを引き出してもらえました!

 

初心者 女性         

 

◎コーチノリさんの体験レッスンをしてどんなことが決め手になったのか?

・他のスクールで持ち方はこう!構えたときはこういう姿勢!といった教え方で、動作の一つ一つに色々悩んだり考えたりして構えたまま固まって一向にスイングができなかったり、できてもガッチガチでぎこちないスイングで…さらになんか指摘された日には軽くパニックでした。

こちらの体験レッスンで教えていただいたことは大まかに言えば1個だけだったのですが、それで今までボールに当てるのさえ難しかったのに空振りがなくなっただけでなく、特に細かいことを考えないでよかったのでとても伸び伸びクラブが振れて見てくれ的には教科書の形にははまっていないだろうけど「ゴルフって楽しい!」と思うことができたのが決め手になりました。

 

◎自分にとって何がよかったのか?

・いろいろよかった点はあるのですが、

普通のレッスンは毎週同じ曜日の同じ時間レッスン内容はこれ!と、いろいろと決められていることが多いですがこちらは、「今週はこの日のこの時間のほうが都合がいいな」「この前練習しててここが気になったから見てもらいたい」「こんな練習がしてみたい」「屋外は暑いから屋内で練習したい」などなど、本当に色々と融通がきくので「行かなきゃ!」といった気負い&使命感やプレッシャーもなく練習できるところが一番よかったです。

 

◎今はどんな感じか?

・ゴルフをはじめてもう少しで2ヶ月ですが、

当初は「こんな難しいのホントにずっと続けられるかなー」と疑心暗鬼でしたが、習ってみれば思ってたよりも気負わなくていいしあっという間でした。

シュミレータでフォームをチェックしたりグリーン周りでアプローチ練習など、打ちっぱなしだけじゃなくいろんなことをしているので飽きません。

早くコースデビューしたいなー

 

 

お問い合せ

メモ: * は入力必須項目です